エコプロダクツ2009

エコプロダクツ2009に行ってきました。
正直ここまで大きくなってしまうと、なにがなんだか分からない。

政府のエコ政策宣言の影響もあるのだろうが、ここまでお祭りになってしまうと、
何がエコなのかよくわからない。
今日から、電気は使わず、テレビも消して、ガソリンも、プラスチックも使わない生活に切り替えましょう。
というのが正しいエコだとするなら、これは邪道なのかもしれない。
とはいうものの、いますぐそれを実践するのは困難だし、私を含め多くの人はそれを望んではいないだろう。
環境問題は簡単に解決できる問題ではないし、多くの協力が必要である。
そういう意味では、新しいエコ商品も必要だし、それ以上に、より多くの人に関心と、正しい知識が必要だと思う。

まあともかく来年は、関心のあるところを予め目星をつけておいて、そこだけ回ったほうがいいのかなと思う。
あと一般来場者も多いから、平日に行ったほうが良かったかなとも思った。
今回は、ほとんどまともに回れなかったけれど、以下、気になったブースをいくつか。

【セブンイレブン】
セブン&アイ・ホールディングスが巨大なブースを出していた。
廃棄処分の件では印象を悪くしたが、このブースでは、「環境に配慮してますよ」というアピールに成功しているようだ。
※うまいこと宣伝しているけど、レジ袋とか、プラスチックごみとか、ドアの無い冷蔵棚とかコンビニには、アンチエコな部分もいっぱいあるので、素直に騙されてはだめです。
一方今年のローソンは、会場の片隅にそれらしき小さなブースがあったが、なんだったのか覚えていない。
ローソンも環境には力を入れているはずなので、セブンイレブンとは対決して欲しい。

【ゼファー】
テレビなんかでも取り上げられた小型風力発電の会社。
他にも、風車の会社が出店していたが、その中でも比較的多く人が集まっていたように思う。
個人的に風力発電はあまり好きではないが、風力発電も必要だと思う。
政府の太陽光発電びいきのせいで、逆風を受けている風力発電業界だと思うが、頑張ってほしいと思う。

【NPO・NGOブース】
スタンプラリーで、商品が色々貰える大企業のブースと異なりこぢんまりしているが、
こういう団体にも関心を持ってほしい所。
親切に説明してくれたり、色々な問題を同じ目線で話し合えるはず。

—–
全体として見て思ったのは何がどうエコなのか?どのくらいエコなのか?というのが見えてこない。
難しい事ではあるけれど、エコを可視化して欲しいなあと思った。

あと、各ブースにQRコードを付けて、ブックマークしたり、コメントできるといいのだけどなあ。