割り箸削減はエコじゃない?

割り箸は間伐材から作るのだから、割り箸を使うのは問題ないという話がある。

ちなみに間伐材というのは、植林として木を育てるのに、ある程度木が生長してきたら
間引く必要があるので、それを使うのは資源の有効活用となる。

しかし、実際に使われている割り箸は多くが国産か?というとそうではない。
多くが輸入された木材で作られた割り箸だからエコじゃない。

戦後、日本では生長の早い杉が多く植えられたが、輸入木材が安く入る事で
国内の林業は衰退し、さらに林業での働き手不足などの問題もあり、
適切な手入れが行われない杉林が増えてしまった。

だから花粉症の増加は一種の人災であり環境問題なのだ。
植えっぱなしで放置された杉林の手入れを行い、間伐材の有効活用を考える事がエコだと思う。

間伐材の問題は、間伐材が有効活用できるようになると解消に向かうだろうが、
問題はそれだけで終わらない。
需要が高まりすぎると、今度は日本の木が海外にどんどん売られて、日本の木がなくなってしまう可能性があるのだ。
まあそれは、いままで日本がしてきた事なのだろうし、
いずれにしても環境を守る大切さを身をもって認識すべき時期なのだろう。