エコ実践項目

【初級編】
携帯電話の買い替えはなるべく控え、買い替えた場合は、リサイクルに出す。
使い終わった電池は回収に出す。
電池は充電式電池を使う。
新聞、チラシ、牛乳パック、雑誌瓢紙や包装紙などはリサイクルに出す。
使い捨ての紙コップや紙皿は使わない。
ごみをなるべく出さないよう工夫する。
過剰な包装は断る。
3Rを実践する。
なるべく「旬」のものを食べ、季節はずれのものを買わないようにする。
まだ使用できるものを安易に買い替えない。
家電製品などは、修理して長く使う。

【エコで節約】
借りられるものは買わず、借りるようにする。
エアコンの温度は冷房時に冷やしすぎない、暖房時には低めにする。
テレビは、つけっばなしにせず、見ていないときは消す。
誰もいない部屋の照明はこまめに消す。
使っていないビデオやエアコンなどのコンセントを抜く。
シャワーや水を流しっぱなしにしない。
歯磨き、ひげ剃り、シャンプーなどの際、水を出しっぱなしにしない。
家族などお風呂は続けて入り、追い炊きをなるべくしない。
近いところへは、歩くか自転車を使う。
白熱灯より、蛍光灯を利用する。

【中級編】
炊飯器の保温をしない
出かけるときは、水筒持参ででかかえる。
生ゴミは水気を切って捨てる。 買い物はマイバッグ(買い物袋)を持参する。
割りばしを使わず、マイ箸を持ち歩く。
むだのない献立にし、食べ残しを減らす。
食材は無駄なく使いゴミにしない。
飲み物を飲み残さないようにする。
米のとぎ汁は、埴木の水やりや、食器洗いなどに使用する。
プラスチック製の食器や容器は使わないようにする。
ティッシュペーパーやトイレットペーパーは古紙100%を使用し、白さにこだわらない。
トレーに入つている食品はなるべく買わないようにする。買つた場合は回収システムに出す。
食品の表示に注意し、食品添加物や農薬の少ないものを選ぶ。
油は下水に流さないようにし、油に汚れた皿は汚れを拭き取ってから洗う。
掃除機ではなく、雑巾やほうきを使う。
シャンプーなど詰め替え用の製品を使用する。
ボールペンは、インクの替え芯など交換できるものを使用する。
バザーやフリーマーケットを利用する。
ティッシュやペーパータオルを使わない。
冷蔵庫に、詰めすぎない。
冷やさなくてよいものを冷蔵庫に入れない。
自動車でアイドリングしない。
自動車の運転で、急発進、急加速、急ブレーキを減らすよう心がける。
自動車に、いらない荷物を乗せたままにしない。
自動車を使わず、なるべく電車やバスを利用する。
トイレのタンクにレンガやビンなどをしずめ節水する。

【上級編】
ガソリン車をハイブリッドカー、電気自動車にする
太陽発電を導入する。(環境により地下熱・風力など)
住宅をエコ住宅にする。(エコガラスなど)

【エコについて関心を持つ・知る】
自分の出したごみが、どのように処理されて、どこに行くか知る。
企業の環境報告書を読む。
石油や石炭などの化石燃料の枯渇を知る。
地球全体で順が使える水資源は、わずか0・8%である。