日本のエコ

日本のエコの現状
ドイツなどの環境先進国に比べると、日本の取り組みは遅れています。
ただし、日本は優れた技術を持っているので、それらを活かす事で、エコを推進できると考えられます。
環境問題は「誰かがそのうち解決してくれる」ではなく、社会全体での関心の向上を計るとともに制度改正などが重要です。


いびつな環境政策
・CO2の削減目標を掲げる一方、高速道路の割引により道路の利用料は増え、一方で電車の利用が減少していると言われている。
・家庭の太陽光発電の余剰分を電力会社が高値で買い取る制度が始まったが、風力発電も併用している世帯では、対象からはずされてしまう。
などなど、バランスに欠けた政策も目につくようになっている。
それぞれ、選挙対策や、太陽光発電システムの普及促進など、別の目的を持っているのはわかるが、いびつな環境政策は、混乱と、不公平感をもたらす。
このようないびつな環境政策は、是正されるべきである。


太陽光発電・地熱・風力
太陽光発電は特に注目されています。
しかし、太陽光は曇りの日には発電量が低下してしまいます。夜間の発電もできません。
そのため今、太陽光発電を単にどんどん増やせばいいわけではなく、他の発電方法とうまく組み合わせ活用する事が重要です。
地熱発電は、有益なエネルギー源の一つではあるが、開発に伴う環境への影響も考えられ、リスクもある。
風力は騒音の問題や暴風時の破損、風が吹かない場合など、太陽光同様の発電量の不安定さが問題となる可能性がある。
つまりこれといって決定的なエネルギー源はないが、いかにそれぞれをうまく活用していくかが重要です。


環境 政策

エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業の実施について

平成21年度 住宅用太陽光発電システム設置助成制度/京都市  環境政策局  地球温暖化対策室