ドライミスト

水を細かい霧状にし、冷却を行う装置。
主に屋外などで利用される。

打ち水


ハイブリッド自動車

水素自動車

LED照明

最近は価格も下がり、省エネ効果のある照明として注目されつつある。

有機EL照明

太陽光発電

スマートグリッド

ITなどを使って送電効率をあげようというもの。
電気というのは、ためておく事が難しく、送電によるロスも少なくない。
電気を作るだけでなく、それをいかに効率よく配給するかというのが、大きな課題となっている。


地熱発電

有用なエネルギーであるに関わらず
・国立公園内にあり、開発が難しい。
・温泉業などで利用している既得権者が、温泉資源に影響が及ぶ事を懸念して反対する。
といった事から十分に利用が行われていない。


地下熱利用

地下の温度は、年間を通してほぼ一定なので、地下熱を利用すると、エアコンの利用をおさえる事ができる。
比較的どこでも利用でき、年間を通しで利用できるので、今後の活用に期待したい。


油化

CO2埋蔵

トリッキーな方法ではあるが、CO2削減目標の達成が難しい現在、注目が高まっている。


屋上緑化

コンクリの屋上だと夏に温度があがり、ヒートアイランドなどに繋がる。
屋上緑化により、建物の高温化をおさえる効果が期待される。


緑のカーテン

屋上緑化と同様に、建物などの日よけに植物を使うというもの。
プランターにヘチマ、キュウリ、インゲン、アサガオなどツルの植物を育て、 支柱やネットなどに這わせる。