関連キーワード


TPP

得になるか損になるか実際には参加してみないとわかりません。
なので、賛成派と反対派の違いというのは、改革を好むか、保守を好むかの違いなんだと思います。
自国の農業を保護をする必要はあると思いますが、それを関税という入り口で行うのか、 市場を一旦経て、個別の生産者に対して行うのがよいのか。
どちらにしても良い結果と悪い結果をもたらす事ができます。
個人的にはTPP参加賛成派ですが、より良い結果をもたらすかどうかはやり方次第です。



植物工場

http://ja.wikipedia.org/wiki/植物工場


何故今、農業なのか?

現在デフレの影響もあり、安くて、おいしい食品が海外から多く輸入されています。
しかし、食のすべてを海外に依存しまうのは問題だと思います。
私たち人間は食べ物がないと死んでしまいます。
毎日食べる食品ですから、ある程度自分で生産する事が大事です。


ちなみに、2007年のエンゲル係数は、22.9%(Wikipediaより)です。
つまり家計の出資のうち23%程度が食費というわけです。
それを輸入に全部頼ってしまったら無駄だと思いませんか?


【安全】
国産だから安全という事はありませんが、自国で消費されるものより、他国に輸出されるもののほうが、 安全面で緩みがちな部分は少なからずあるかと思います。

【新鮮】
輸送技術の向上で、鮮度を保ちつつ、輸送できるるようにはなってきてはいますが、穫れたての新鮮な 野菜等を食べるなら、消費する場所に近い所で生産する方が効率が良いでしょう。

【フードマイレージ】
遠くで生産されたものを輸送すると、輸送にエネルギーを必要とします。
地産地消すれば輸送にかかるエネルギーやコストを減らす事ができます。

【世界の貧困問題】
異常気象による農作物の収穫減や、人口増加による食料需要の増加、投機目的での食料品の価格上昇。
日本の場合お金がありますので、後進国に比べるとそれほど大きな影響は受けません。
しかし貧しい国の人々からしてみると、お金のある国に買い負けしてしまいますので、食料が奪われてしまう結果になってしまいます。

野菜工場

vertical farm

家庭菜園のすすめ

農業改革
・直販
・減反廃止
・農業の効率化推進